いつも家で楽しんでいる女装で堂々と大阪の街を歩いてみたい!

女装倶楽部

Notice

女装には向いていないと思う人もトライしてみる

時々大阪の街を歩いていて、女性なのか男性なのかわからないくらい中性的な感じに見える人がいます。背がそんなに高いわけではなく、かわいい感じなのでどちらにも見えるのです。その人がもし男性であれば女装をすると間違いなく女性として大阪の街を歩くことができるし、女性用の専用車両にも通勤のときに乗る事ができると思えるに違いありません。
かわいいルックスの男性が女装をすると、びっくりするくらい女っぽく見えて、男が見てかわいい抱きしめたいと思うほど興奮してしまうことがあります。まさに女装がはまっているのであり、色も白いし、これでお化粧をすればばっちりという感じなのです。女装好きとしては羨ましいくらいの体型をしていて、しっとしてしまうかもしれませんが、実はそれほど女みたいな顔や体型をしていなくても、お化粧をするとある程度女に見えるくらいになれるのは確かです。
それほどお化粧というのは、人を変化させる力があり、目もと、眉毛、口元を女性のようにするだけでもかなり印象は変わってきます。女装に向いていない顔だから無理と諦めてしまう前に、まずは女性が毎日しているようなお化粧をしてみることで、実はそこそこ女に見えるようなメイクができてしまうことを知るのです。

最近女装にハマっています

最近大阪で女装にハマっています。以前は、大阪の街中で女装をした男性を見かけると、何やってるんだ、気持ち悪いなどと冷ややかな目で見ていました。しかし、ふとしたことがきっかけで女装に興味を持つようになったのです。そのきっかけとなったのは友人たちとの飲み会でした。飲んでいる店で、明らかに女装をしている男性がいたのです。その人の噂をしながら、自分だったらもっとキレイになる自信があると言ったところ、この場で化粧をしてみようと言う話になりました。そして、一緒にいた女友達に、化粧をしてもらいました。
すると、周りの友人からは意外といけるんじゃないかという声をもらい、鏡を見てみるとまんざらでもなく思ってしまいました。私は小柄なこともあり、女装がいけるんじゃないかとはやし立てらてました。その場では化粧を落としましたが、家に帰ってからこっそり妻の化粧品を使い、自分で化粧をしてみました。意外とうまくできたこともあり、勢いに乗って妻の服もこっそり着てみました。少し小さかったのですが、鏡の前に立つといけるんじゃないかという気持ちになりました。
先日、買い物に行き、自分用の女性用の洋服を買ってきて、こっそり家で着て楽しんでいます。今度、女装で外出して大阪の街を歩いてみるチャレンジをしてみたいと思っています。

今後の女装の拡大

現在なんでもありの世の中。そこに女装という新しいジャンルが加わるかもしれない。以前までは、女装はゲイの男性がするものであり、社会の目は厳しいものになっていました。しかし最近、特に大阪では様々な理解が生まれ、女装に対する違和感は減少しつつあるといえます。テレビでも、女装した男性芸能人が多くみられ、また”ジェンダーフリー”という新しいファッション用語が登場しました。
大阪では体は男性だが心が女性、という性同一性障害の人たちが女装をするという考えではなく、ただ女性の服を着たい、ファッションを楽しみたいという理由で女装をする人々が増えています。最近ではハロウィーンの仮想イベントが大阪も含め全国各地で開催されましたが、なかにはドレスを着た男性やナースの恰好をした男性がちらほら見られました。しかし、そんな彼らは単独で女装のコスプレをしているのではなく、あくまでも集団で行う人々が多かったので、いくら女装に対する理解が広がりつつあるといえども、未だに抵抗のある人々が多いようです。
LGBTというイベントをご存知でしょうか。ゲイの男性、女性などが多く集まり恋愛に性別は関係ないという基本理念のもと開催されるイベントですが、こういった一つ一つの考え方がいい意味で女装の認識拡大につながっているといえます。


女装をするというのはなかなか勇気がいるかもしれませんが、関心はある程度あるという方もいるでしょう。そんな方は大阪女装を活用して女装の楽しさやすばらしさを体感するといいでしょう。いざ肌で感じれば、あなたも大阪で女装をしてみようと決心できるかもしれませんよ。

肩を出している女性

女装を極めるとここまでやることも

人によっては、女性を極めてしまい、ほぼ男性の服を着ないで生活をしているケースもあります。流石に外に出るときには1人で遊ぶときなど、時と場合は考えていることが多いのですが、生活するときも女性の気分をもたせるようにして…

»more

ランジェリー姿

女装男子を彼氏にする女子?

最近、男性、女性ともに恋愛に興味がない人が増えていると言われています。恋愛経験がないまま20代、30代と年を重ねていき、という状態が少子化に拍車をかけていっているとも言われており、出生率の低下もまったく改善されませ…

»more

ポーズを決める

かわいいと言われたいです

文化祭の出し物でクラスで演劇をやることになったのがきっかけで女装に興味を持つようになりました。もともとファッションや小物が好きで休みの日にはウインドーショッピングが楽しみでしたし、見た目が男っぽいというよりも女の子…

»more

ソファでくつろぐ

ラインの分からない服で女装を

服を考えていくことが結構女装では大事とされていますが、男性らしいラインが見えてしまうと、それだけで女性っぽく見えなくなってしまいます。できればラインが見えないような、隠すことの出来る服装を考えて下さい。それだけでも…

»more

Post List

Update Article

2016年11月22日
ラインの分からない服で女装をを更新。
2016年11月22日
かわいいと言われたいですを更新。
2016年11月22日
女装男子を彼氏にする女子?を更新。
2016年11月22日
女装を極めるとここまでやることもを更新。